2016年12月08日

居留守『運良く陸地をみつけ、上陸する際の注意点。』

1481042033184.jpg
仲谷萌です。
今年の春にニットに入団して、今やもう12月!ワッというまの2016年が過ぎようとしています。
めまぐるしい変化の波におぼれかけながら、今年最後にむかえる舞台は、大学時代から変わらずともに作品を作りつづけてきた仲間との公演です。
京都造形芸術大学・舞台芸術コースの卒業生がやっている“居留守”という団体の作品に出演します。ニットの『ねむり姫』と同じように、今回の居留守も小説をもとに舞台を作っています。ニットとはまったく違うアプローチです。
3人の俳優と椅子や机だけのシンプルな舞台ですが、膨大な言葉や、行為によって様々なイメージが出現する作品になればいいなと思っています。
面白いものにするので、みなさんぜひお越しくださいませっ。

↓↓↓


居留守『運良く陸地をみつけ、上陸する際の注意点。』
居留守チラシ画像.jpg

演出 :山崎恭子

テクスト :ヴァージニア・ウルフ作『波』『書かれなかった小説』

出演 :野村明里 仲谷萌 降矢菜採


一日の仕事とその苦しみの一切が終わったあと、一日中耳を傾け、待ち構え、疑ったあと、誰かに寄り添って座りたいのだ。諍いと和解のあとに、自分だけの時が必要なのだ――君と二人きりになり、この騒乱を鎮めることが。

***

テクストに書かれた意味内容を舞台上に三次元化するのではなく、演劇的に脚色するのでもなく、テクストの言葉と“いま・ここ”にいる俳優の体との関係性そのものを作品にしてきた居留守は今回イギリスの小説家で、20世紀モダニズム文学で著名なヴァージニア・ウルフの小説をつかい演劇作品を上演します。

日時
2016年12月22日(木)〜25日(日)
22日(木) 19:00
23日(金) 14:00  19:00
24日(土) 14:00  19:00
25日(日) 13:00  17:00
※受付開始・開場は開演の30分前

会場
アトリエ劇研

チケット
一般前売 2,500円
学生前売券 1,800円
※当日券は+200円

ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/irusuticket

お問い合わせ irusu.kyoto@gmail.com

070 6547 9680(ツキジ)

スタッフ
音響 宇野愛生
照明 吉津果美*
映像 嶋田好孝
舞台監督 北方こだち*
制作 築地静香(努力クラブ)
演出 山崎恭子
*=GEKKEN staff room

☆公演のPVです。毎週更新します!

● 【居留守】12月公演『運良く陸地を見つけ、上陸する際の注意点。』PV1


●【居留守】12月公演 『運良く陸地を見つけ、上陸する際の注意点。』PV2

posted by ニットキャッパー at 23:44 | Comment(0) | おしらせ

2016年12月07日

三重入りしました。


澤村です。
夕暮れ社 弱男ユニット「僕たちは、世界を変えることはできない」三重公演のために三重入りしています。

三重県総合文化センターにて滞在制作。
楽屋に泊まり込みです。
なかなか快適です。

個人空間を守るため、私は楽屋にテントを張っています。

image-ed6c5.jpeg

「ミエブン始まって以来初」らしいです。
楽屋にテントを張った役者は。

今回はニットでお馴染みの西村貴治さんも一緒に出演しております。

image-3ca7b.jpeg


で、今はお酒を飲んでこんな感じです。

image-c244f.jpeg


三重公演は、来週末17,18日。
皆さま、是非お越しください!



posted by ニットキャッパー at 00:54 | Comment(0) | 日々の泡

2016年12月04日

12月といえば・・・

15306695_729587840522212_5809580159950389248_n.jpg

こんばんわ。
高原です。


昨日の晩、制作メンバーで集まり、来年の作戦会議をしました。
いよいよ動き始めます。

まずは、3月のこと。夏のこと。

顔合わせて話すと、やることがはっきりしたり、
ウキウキしてくるから不思議なもんです。


ミーティングの終わりに、門脇さんから素敵な贈り物。

ニットキャップシアター12月の名物、門脇ママお手製の「門脇ジャム」です。
北海道余市から出来たて直送の数種類のジャム。

プルーン、ミックスベリー、さくらんぼ、ラズベリー、りんご・・・

ニット界隈の知る人ぞ知る「門脇ジャム」。
これが、超美味なんです!!

冬の楽しみ、嬉しいなー。


では皆さん、風邪をひかれませんように!!
posted by ニットキャッパー at 00:46 | Comment(0) | 日々の泡