2017年01月22日

「Oh!Radio」チケット発売

こんばんわ、高原です。
17日に『Oh!Radio』のサイトがオープンしました。
いよいよ2017年のニットキャップシアターも始動していきます。

そして明日、23日から『Oh!Radio』のチケットが販売になります。

これまでも「ニットコント」を上演する公演はたくさんあったけれど、『Oh!Radio』の特徴は「レイトショー」ということ。20時ステージ、22時半ステージでおこないますよ。

会場はアクセスのいい木屋町「UrBANGUILD」なので、仕事帰りの週末にご飯を食べながら、お酒を飲みながら楽しんでもらえたらと思います。
Urbanguild-photo1.jpg

ムーディーな会場でのレディオショー、お楽しみに!

=========
Knit Cap Theater presents『Oh!Radio』
image-19fe8.jpeg

【脚本】
ごまのはえ

【構成・総合演出】
澤村喜一郎

【出演】
高原綾子、澤村喜一郎、仲谷萌、門脇俊輔、ごまのはえ
池川タカキヨ、黒木夏海、佐藤都輝子(劇団とっても便利)、豊島勇士、西村貴治

【会場】
UrBANGUILD(アバンギルド)

【日時】
2017年 3月 17日 (金) - 18日 (土) 各日 2ステージ
[1st] 20:00- (open 18:00) 
[2nd] 22:30- (open 1st 終了後)

【上演時間】
70分(予定)

【料金】
2,000円 + ワンドリンク 600円 (前売・当日とも)

http://knitcap.jp/OR/index.html

posted by ニットキャッパー at 23:21 | Comment(0) | おしらせ

2017年01月20日

イレブン日記:無印

こんばんわ、高原です。

今週も「イレブン日記」がやってきました。
本当は金曜日の11時台か23時台になにかを更新する!とだけ決めた日記ですが、いまいち何を書くかしっくり来ていません。

本当は、宣伝でもなくテーマ性もなくニュースにもならない、どうでもない日常を綴りたいのだけど、なんともない日常と縁遠いのかもしれません。なんて考えている間に23時の針が刻々と進みだします。

そんな先週の動きの中で、一番日常ぽいテーマを今日は取り上げてみます。

「無印良品で買った便利な文具」
IMAG2135.jpg
左:ハンディシュレッダー
右:ミニホッチキス

この二つ、人によっては要らない文具ですが、私は一目惚れ!

シュレッダーは、ペンケースサイズで場所をとらないし、
今まで捨てるのに躊躇してた荷物伝票やDMを破かなくて済みます。

ホッチキスに至っては、革命的すぎる。
ペンケースに入るホッチキスなんて最強!!しかも引っかからないデザイン。

こんなに主張なく便利で手に馴染むものが手軽に買えるなんて。
無印デザインに天晴です!!無印文具に心奪われた一コマでした。


さて、今週のニットは『Oh!Radio』のサイトがついにオープン。
いよいよ2017年のニットキャップシアターが始まりました。

今回のイベントは「今夜はラジオをみにいこっ」ということで、ご飯を食べながら、お酒を飲みながら、コントだけじゃなく、歌ったりもするみたい。パフォーマンスだらけのラジオショーになるみたい。今までにないライブイベントになるんじゃないかなー。どうぞお楽しみに!
image-19fe8.jpeg

来週の23日はチケット発売です!
ぜひ、夜遊びしに来てくださいね!!
posted by ニットキャッパー at 23:49 | Comment(0) | 日々の泡

2017年01月19日

モエのスイスイ日記〈2〉

DSC_0014.jpg
みなさまこんばんは、水曜日の仲谷萌です。

澤村さんからお知らせがありましたように、昨日、次回公演“Oh!Radio”の特設サイトがオープンいたしました。the coopeez藤本さんのしぶかっこいいイラストが目印の素敵チラシも昨日から街中に拡がり始めています。みなさま、お目にかかりましたらぜひ手に取ってみてくださいねっ。木屋町のアバンギルドにて、美味しいご飯とお酒を片手にニットのコントを楽しんでいただく企画です!ぜひぜひ遊びにきてくださいませ。

今日も今日とて「びわ湖ホール舞台技術研修」に向けての稽古でした。学生のみなさんとてもモチベーションが高く、稽古場も明るい雰囲気で楽しいです。私は去年劇団に入り新人ではありますが、一応学生指導の立場で稽古に参加しています。人になにかを伝えるためには、自分自身がそのことをよく理解していないとできない…という当たり前のことを痛感する機会が増えました。わかったような顔をして誰かに上手についていく時代は終わらせねばならぬのだ。と、演劇だけでなく、日々の生活の中で思う機会が増えました。そして、誰かに伝えるための自分の言葉を見つけなければ、なければ、なければ、「なければ」という拳銃を背中に押しあてられると両手を上げたまま動けなくなってしまうのですが、姿の見えない何者かに撃ち殺されるのを怖がっていては、何も言えないですね。
posted by ニットキャッパー at 00:07 | Comment(0) | 日々の泡