2017年05月26日

おがげサマーパフォーマー紹介(7)藤本浩史 【音楽】

こんばんわ。高原です。
このコーナーは「ゲストがどんな方かわからない!」と
お困りの皆さんへの特設コーナーです。

今夜はこの方です!


7月1日(土)18:00 出演

coopeez_20170520_66.JPG
photo:suguru takemoto
藤本浩史(ふじもとひろし)〈the coopeez〉
1980年11月15日生まれ。神戸出身。 京都を拠点に活動するロックバンド、the coopeez(ザ・クーピーズ)のボーカル。バンドに関わるアートワーク全てを手掛ける。 自称、スーパーコンプレックス持ちのスイッチON/OFF型。 もしくは、肉食系の中途半端ボーイ。

コメント:自分の生活や世界の中に、お芝居というものは今までほとんど関わりなどありませんでした。むしろ、興味自体がそこまで無かったのが本心です。
そんな中、色んな縁でニットキャップシアターの公演を観るきっかけがあり、正直嫌なものを観てしまったと思いました。
僕は新しい体験を恐れます。自分がつまらない浅はかな人間だと打ちのめされるから。自分には無い感性、知性、遊び心、技術の高さに溢れたニットキャップシアターを前に、感動という名のダメージに見事に打ちのめされたのを覚えています。またそれは、自分に生き続ける意味をくれたとも言えます。
僕は自分の小さな世界を歌にします。裏を返せば、それしか能力がありません。でもそんなミクロな歌や言葉は、ごく稀に知りもしない誰かの人生を揺さぶったり、味わった事のない災害や戦争にシンクロしたりするらしいです、ごく稀に。そんな事には目もくれず、たいした理由も根拠もなくひたすら自分を歌います。すみません、ニットキャップシアターの為には歌わないのです。
ゲストだなんてとんでもない。勝てもしない強敵に勝つ気で挑みます。その攻撃的姿勢こそが、本公演に一躍買える唯一の可能性だと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。負けねーぞ!ニットキャップ!

======
藤本さんとニットといえば、コントイベントのイラストです。
これまで二度コラボしてまして、「あー!」と思う人もいるのでは?
image.jpeg
『WEDNESDAY NIGHT LIVE』(2015年)

image-19fe8.jpeg
『Oh! Radio』(2017年)
 
これらのイラストを書いてくれはった人であり、「the coopeez」というバンドのボーカリストでもあります。今回は弾き語りとしてお一人の出演。
藤本さんのパフォーマンスは、普段の佇まいとうって変わってパワーが爆発します。
捻じれたコンプレックスが熱を帯びてどストレートな歌となるので、シュッとした均整なストレートと違って、キャッチした人に強烈なインパクトを与えてくれます。しびれます。痛いです。でも、かき鳴らすギターの鼓動と普遍性のある歌の震えは勇気と元気を与えてくれます。この効能はごまのはえ作品とよく似ています。

藤本さんをドリンクに例えると、コーラ。
一見何が入ってるのかわからない謎の黒いドリンクだけど、誰しも一度は飲んだことがあるように、一見クセある佇まいだけど、誰しも一度は心に思ったり感じたりしたことが歌になってます。微 カフェインで後味はシュワっとすっきり。

『男亡者の泣きぬるところ』はコンプレックスを持つ二人の男が登場しますが、このステージにはもう一人コンプレックスを持つ男が加わる予感。男の笑いと汗と涙が一番感じられるステージです!コンプレックスさん、集まれ!

<the coopeez 京都ライブ情報>
5/28(日) 「いつまでも世界は...」@TOWER RECORDS 京都店 
 act: the coopeez 他多数
 the coopeez はTOWER RECORDS 京都店にて16:00より演奏予定です
 fee: the coopeezの演奏会場は入場無料です。
 info : タイムテーブルはこちら http://sekaiwa.info/about/?id=830

6/21(水) 「The Fall of Troy and Hikes Japan Tour 2017」@GATTACA
 act: the coopeez / The Fall Of Troy / Hikes / NUITO / Marie Louise (OA) / and more...
 open 17:00 start 17:30
 fee: adv 4,000 door \4,500+ 1drink

≪パフォーマー一覧≫


■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 21:42 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

おがげサマーパフォーマー紹介(6)Plants of Circus!【音楽】


こんにちは、高原です。
もう五月の終わりが目前!ゲスト紹介もいよいよ後半戦。

このコーナーは「ゲストがどんな方かわからない!」と
お困りの皆さんへの特設コーナーです。

今日はこの方!


7月1日(土)14:00 出演

POC_prf-photo.jpg
Plants of Circus!(ぷらんつおぶさーかす)
ピアノとジャンベを奏でるデュオ「白鍵と黒鍵」と、クアトロギターとチャランゴを奏でるデュオ「リサとマルガリータ」。二つのデュオからなる民族楽器を使った4人編成の女性バンド。
2012年5月 企画イベント『Plants of Circus!』を開催。
2016年3月 よりユニット『Plants of Circus!』としてミュージックボタニカルサーカス始動。

コメント
夏草の匂い、祭りの気配。
息を潜めるグリーンな気持ちを踊らせよう!
舞台に種を、芝居に花を!
シアターウルの大地に
種を蒔いて Plants of Circus!
夏の女亡者が花ひらく!
水を撒きに来てください!
お待ちしておりまーす♪

=====

「Plants of Circus!」とは初共演ですが、「白鍵と黒鍵」は『WEDNESDAY NIGHT LIVE』のゲストミュージシャンとして出演してもらっていて、そこでピアノを担当している白旗さんとは、2007年版『男亡者の泣きぬるところ』で演者としてツアーを共にしました。神戸も滋賀も上海も私の相方として共にしたので、今回のゲストの中で一番『太秦おかげサマー』と近しい間柄ともいえます。
kobe-a01.jpg

『男亡者の泣きぬるところ』は楽器演奏とお芝居を組み合わせた、今のニットの作風の先駆けとなる作品だったので、ピアニストの白旗さんはとても頼もしい存在でした。今回は『女亡者の泣きぬるところ』で共演します。やはり相方は相方なんだなと嬉しく思います。枯れ切った「女亡者」たちに水やりは必須。

Plants of circus!の演奏は見たことないけど、
ドリンクに例えるなら「モヒート」。しかもミント入れすぎのやつ。
爽やかで昼間にもピッタリなんだけど、ミントの主張がワイワイとかしましい。
たぶんそんな爽やかな演奏と賑やかなトークをお見舞いしてくれるはず!

気楽な感じで「枯れた女の芝居」を見れる、余裕のあるそこのあなた!
「私たち」をぜひヒタヒタに潤わせてください。お待ちしてまーす!!

=====
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 11:35 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年05月25日

おがげサマーパフォーマー紹介(5)大澤利麗【コント】


こんにちは、高原です。
今日はお昼のパフォーマー紹介。
このコーナーは「ゲストがどんな方かわからない!」とお困りの方への特設コーナーです。

6月30日(金)19:30 出演

oosawa-photo.PNG
大澤利麗(おおさわりれい)
1992年に鹿児島県にて爆誕し、大学進学の為京都に降臨した大天使。
その人智を凌駕した神聖なる能力(ちから)にてこの世界に救いと破滅を与え、大いなる地球(ガイア)を再構築する為に、世界中に散らばる仲間を探す旅をしている。
自分を含め12人存在する神の使いは果たして何処に居るのだろうか…
目的の為、今日も獰猛なる聖獣の砦(ペットショップ)へ出向き諭吉降臨の儀式(アルバイト)を行なっている。
と、このように奇をてらった文章を考えるも全く面白く無いので最後に保険として普通の文を書く小心者の普通の人です。

コメント:面白いものを届けられるように頑張るので、お客さんは肩の力を抜いて何も考えずに見ることを頑張ってください!!

=====
今回ゲストをお誘いするにあたって、外せない枠がありました。
ルーキー枠。これから蠢く若手枠です。

京都で去年立ち上ったばかりの「ママママ」というコント作品を発信する劇団がありまして、そこに出演していた大澤くんにお願いすることになりました。
正直に言うとどんな技を持っているのか分かっていません。
わかっているのは動物好きでペットショップで働いているということです。

動物好きに悪い人はいない!
どうなるのか未知数の人にも出演してもらいたい!

そんな私の直感よりも「出たいです」と言ってくれたことが決め手になりました。
「出るからには面白いものを!」そんなルーキーの情熱をぜひ観に来てほしいです。

大澤くんをドリンクに例えると、
関西で思いがけず遭遇するチェリオ自販機に並んでる「ホワイト系の炭酸」です。
どんな味かわからない、でも気まぐれで買っちゃうような開発系ドリンク。
当たりもハズレもどっちでもワクワクするインデペンデントタイムをぜひ!


=====
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 11:20 | Comment(0) | 太秦おかげサマー