2017年05月17日

ごまのはえインタビュー〈1〉

今回『太秦おかげサマー』は久しぶりにおこなう劇団員のみの本公演。
「男亡者の泣きぬるところ」と「女亡者の泣きぬるところ」、それぞれ男と女の二人芝居として上演します。どんな作品なのか、どんな作品になりそうか、劇団の座長であり劇作と演出のごまのはえに聞いてみました。




――10年以上前に書いた作品『男亡者の泣きぬるところ』と今年の新作『女亡者の泣きぬるところ』、二つの作品を比べてどんなことを思いますか?

E38194E381BE1.jpg

ごま:「男亡者」を書いたのは20代の頃でした。大学を卒業してバイトしながら何とかして演劇で食べていきたいとあがいてた時期で、本当に先が見えなかった。そして自分のことばっかり考えてた。それが許された時期だったんだと思う。「男亡者」はそんなギリギリな精神状態を何とか笑いにつなげたくて書いた台本です。だから残酷。黒い笑いだと自分では思ってる。
「女亡者」も黒さでは一緒。でも10年前に比べて作者の私生活が落ち着いてるから、一つの嫌味をじっくりゆっくり味わう作品になったと思います。しつこくなった。黒くて長い笑いかな。停電したトンネルみたいな。



――『男亡者』と『女亡者』二つの作品を比べて違いはありますか?

ごま:二つを比べて思うのは、僕は作家として性別を大事にしていないなぁということ。「男亡者」も「女亡者」も迷いなく書いてる。女の人を描くのに「女の人の気持ちがわからない」とか思ったことがない。なんでやろ。
見方を変えると男も女も、同じ「社会的人間」なので、そこに力点を置いて書いてるのかなぁ。この迷いの無さは自分でも謎です。



――これから稽古を経て、どんな作品になっていきそうですか?

E38194E381BE2.jpg

ごま:「男亡者」はまだわからない。不安やね。ただすごく貴重な稽古になると思ってる。今回の稽古場での門脇君と澤村君の言動(疲れ方とか気合の入れ方とか無自覚な言い訳とか)は、そのまま『男亡者の泣きぬるところ・パート2』になると思う。それくらい観察のしがいのある稽古になると思う。もう次回作の準備ができてる。これはすごい。ただ今回失敗したら次回はないので、がんばらないと。不安や。
「女亡者」は清々しい作品になってくれるといいなぁ。とても黒い笑いがいっぱいなんだけど、言い換えれば自分の人生を上手くコントロールできない人を嘲った笑いでもあるんです。そしてお芝居の最後に、登場人物はそのコントロールをしばし止めてみるみたいな心境になるんだけど、そこが清々しい。そうなれば黒いだけじゃない作品になるんだけど……がんばろ。


≫続く



■□ ニットキャップシアター #38
■□『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年 6月29日(木)〜7月9日(日)
@シアターウル(京都 太秦)
★特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
★チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 21:16 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年05月12日

おがげサマーパフォーマー紹介(4)ユニット美人【演劇】

こんにちは、高原です。
昨日に引き続き、新たに情報更新されたパフォーマー紹介。
このコーナーは「ゲストがどんな方かわからない!」とお困りの皆さんへの特設コーナーです。

第4回目はこの方!


7月3日(月)19:30 出演

ユニット美人-写真.jpg
ユニット美人(ゆにっとびじん)
劇団衛星所属俳優の黒木陽子と紙本明子が2004年暮れにあまりに人気がない自分達が嫌になり「絶対モテモテになってやる!」とやけくそになって結成。
「女性が考える女性の強さ・美しさ・笑い」をテーマに女性ならではの視点での作品を上演している。2007年、大阪府女性総合センター(ドーンセンター)第12回女性芸術劇場採択公演として『髪結いの女たち』上演。2008年、第15回ガーディアンガーデン演劇フェスティバル参加。2012年には全登場人物が女性の『三国志』を半年にわたり5作品上演した。

コメント:ニットキャップシアターさんの笑いはユニット美人にとって源流というか師匠というか、勝手にそんな風に感じていたので、今回お話をいただいて光栄なような恥ずかしいような気持ちでおります。さらには気になっていた新劇場シアターウルでの公演ということで、もう、何を感じていいのかわかりません。とにかく過剰なパッションを40歳手前の体に詰めて頑張ります!

========

私にとって、ユニット美人のお二人を一言でいうと「先輩」に尽きます。
京都の劇団に所属し、制作も俳優もこなし自分たちのやりたいことっては何なの?に向き合って戦ってこられた「先輩」。

ユニット美人のパフォーマンスは、真面目を突き詰めたハイクオリティなパッションと思い切りのよいバカバカしさに涙でます。こんなこと言ったら怒られますが、母体である劇団衛星よりお二人がいきいきとして見えるのが素敵です。緑のブルマ姿で踊る二人の姿に清々しい笑いが渦巻き、勇気と元気が漲ること間違いなしです。

ドリンクに例えると、冷やしあめ or グリーンティ。
苦くて辛い食材に甘みを加えることで醸し出せる独特の清涼感。

このステージは『女亡者』×ユニット美人という、くよくよする女性が元気になれる最強の組み合わせです。月曜の夜っていうのもいいですね。嫌やなーと思って仕事行って、やっぱり嫌やったと落ち込んだ方、将来を憂れうくよくよウーマンにぜひ来てもらいたいステージです。

===
●紙本明子さん 出演公演
劇団しようよ『あゆみ』/『TATAMI』
【京都公演】2017年5月8日(水)〜5月15日(月)@アトリエ劇研
【東京公演】2017年6月1日(木)〜5日(月)@こまばアゴラ劇場
https://www.gkd-444.com/next/

●黒木陽子さん 出演公演
ドキドキぼーいず『生きてるものはいないのか』
2017年6月7日(水)〜11日(日)@アトリエ劇研
https://www.facebook.com/dokidokiboys/

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 11:32 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年05月11日

おがげサマーパフォーマー紹介(3)THE GO AND MO'S【演劇】

こんばんは。高原です。
ゲスト情報がついに出揃いました。
やったー!!個人的に壮観。

『太秦おかげサマー』ゲストラインナップ

今日から三日間は追加更新された方をご紹介いたします。
奇天烈な方ばかりなのでお楽しみに。

まずはこの方!


7月2日(日)14:00 出演

go&mo-photo.jpg
(撮影:仲川あい)
THE GO AND MO'S(ざごーあんどもーず)
黒川猛による「笑い」を創り出す企画ユニット。2012年1月より本格始動。即日完売、当日爆笑、翌日反省を目標に、ただひたすら「笑い」の模索を繰り返す。

コメント:生まれてこの方、ニットキャップを被ったことのない僕ですが、この度初めて被らせて頂きます。似合うかどうか分かりませんが…。

======

昔「ベトナムからの笑い声」という劇団が京都にありました。
当時は、演劇を続けるか社会人としてけじめをつけるのか、売れへんかったら辞める!が当たり前の情勢で、社会人劇団として演劇活動を両立していた珍しい劇団でした。

「ベトナムからの笑い声」はナンセンスな笑いを得意とした作品を撃ち放ち、会場内を笑いで爆発させることで有名でした。私、実はその爆風を受けたことがなかったのですが、噂は方々で聞いていて、いつかその爆風を受けたいと思っていた矢先、その爆弾は生産終了してしまって、その爆風を浴びることはできなくなってしまいました。

それから時を経て、その「ベトナムからの笑い声」の発明者だった作・演出の黒川さんが「THE GO AND MO'S」というユニットを立ち上げたと風の噂で知りました。私が大好きな京都の俳優、岡嶋秀昭さんが出演し、半身男半身女の姿になっている写真をSNSで見かけ、あーたまらん……と思ったのです。
こういう馬鹿馬鹿しさ、最近全然舞台で観てない…
読めない空気を必死に読んで「いいね!」をファッションにまとう世の中。
己のやりたいことをただやり遂げる大人の悪ふざけ。その部門を今回お願いしようと思いました。演劇にロックというジャンルがあるなら、確実にロックです。

ドリンクに例えるなら「ホッピー」。
あんなふざけた名称で、アルコールが入ってるのかもわからないけど巷でロングセラーのあのドリンク。
ホッピーのように、知る人ぞ知る黒川ワールドを、ぜひ知る側になってほしいと思っています。

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 23:59 | Comment(0) | 太秦おかげサマー