2017年05月09日

作・演出 ごまのはえコメント

こんにちは、高原です。
GWも終わり、初夏に入ろうかというところ。
いよいよ夏が迫っています。夏の始まりといえば『太秦おかげサマー』の始まりでもあります。

先月21日に公演のWEBページですでに公開されていますが、これからどう生きていこうかとても悩ましい時代に突入するにあたって、ごまのはえのコメントがとても素直な言葉だと思ったので、改めて紹介しようと思います。


======

早いものでニットキャップシアターも今年で18周年を迎えました。

今回上演する『男亡者の泣きぬるところ』は、10年以上前の作品です。
私も20代。たいした覚悟もなく演劇を続けていくことが怖くてしかたない頃でした。
街でホームレスの人をみかけるたびに、未来の自分を見せつけられた気がして、なんとかしなくてはと焦っていたのを覚えています。『男亡者の泣きぬるところ』はコメディですが、底にあるのは焦りだと思います。
映画がお好きな方には、お洒落じゃないウディアレンといえばイメージしやすいかもしれません。

新作『女亡者の泣きぬるところ』は去年書きました。
女の二人芝居。自分の性格に足を引っぱられながらも、なんとか幸せになろうともがく女の二人芝居です。お芝居の冒頭が自殺から始まるので、明るい芝居ではないかもしれませんが、よく泣き、よく笑い、よく食べて、よく寝るお芝居です。まるで健康優良児ですね。

両作品ともタイトルに「亡者」という単語が出てきますが、生きてる人間の生きてくためのお話です。


作・演出ごまのはえ

======

image01.jpg
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 15:04 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年05月07日

門脇俊輔 出演 〜劇団しようよ『あゆみ』/『TATAMI』〜

こんばんわ、高原です。
GWエンドデー7日。
五連休、九連休という方もいはるのでしょうか。
私は遠出することなく京都でじっと張り付いてました。
今夜はゆっくりされている方も多いかもしれませんね。


さてお知らせです。

今週、門脇さんが出演する「劇団しようよ」さんの公演が始まります。
柴幸男(ままごと)さんの脚本、『あゆみ』と『TATAMI』が上演される二本立て公演。門脇さんは2作品とも出演のようです。
もう残席が限られているらしいでお急ぎを。

=======
あゆみ-TATAMI.png

〈 作 〉 柴 幸男 (ままごと)
〈 演出 〉 大原 渉平
〈 音楽 ・ 演奏 〉 吉見 拓哉

【 日時 】
2017年5月10(水)〜15日(月)
10日(水) 19:00 『あゆみ』
11日(木) 休演
12日(金) 14:00 『あゆみ』★/19:00 『TATAMI』★
13日(土) 14:00 『あゆみ』/19:00 『TATAMI』
14日(日) 14:00 『TATAMI』/19:00 『あゆみ』
15日(月) 11:00 『あゆみ』/16:00 『TATAMI』
★の回終演後、アフタートークを行います。
 ゲスト:柴幸男(ままごと)

【 会場 】
アトリエ劇研(京都市左京区下鴨塚本町1)

【 料金 】
前売
一般 2,300円 / 25歳以下 2,000円

予約(当日精算)・当日券
一般 2,800円 / 25歳以下 2,500円

高校生
一律 1,000円

セット券
『あゆみ』『TATAMI』通し券 4,000円
(前売のみ。劇団ウェブのみ取り扱い。)

公演詳細:https://www.gkd-444.com/next/
劇団しようよTwitter:@gkd_444
※残席状況はTwitterをご参考に。
posted by ニットキャッパー at 20:12 | Comment(0) | おしらせ

2017年05月05日

イレブン日記〈17〉:端午

カープルーム.jpg

こんにちは、午前のイレブンタイム、高原です。

GWも後半、子どもの日。
子どもの日ってだけで、何かもらえるんじゃないかとウキウキします。

先日、4月30日に子どもたちと遊びまくりました。
「どうやって人を巻き込むことができるか」を試すべく、萌ピーと立ち上げた“あたまランド”というユニットで岡崎ワンダーマーケットというイベントに出演しました。
子どもはほんとにくだらないことが好きやなーと思いました。
花瓶あたまに仕込んだピンポン玉がこぼれるだけで大笑い。
「謝ってー謝って−」とピンポン玉をこぼすようせがまれました。

子どもは見たことないものに対して、実に様々な反応をしてくれます。
嫌がるのはもちろん、イケる!と思ったらいじめにかかったり、追い掛け回したり、手加減なし過ぎてえげつないです。大人の方が優しくてYESかNOのどちらかなのでラクチンです。でも、抱きつきに来てくれたりする子もいて、その可愛さと感度の豊かさに感動しました。
この日出会った子どもたちが、大きくのびのび育ってくれたらいいなー。

妹と父親はマツダスタジアムで広島カープの観戦をしてるらしく、そこで泊まっている部屋の写真が送られてきました。せっかくなので鯉つながりということで。

=====
〈本日のおかげ豆知識4〉
『男亡者の泣きぬるところ』は20代後半の男の悩み、『女亡者の泣きぬるところ』は30代前半の女の悩み。
この年齢層には、間違いなく刺さるお芝居になっています。
========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
posted by ニットキャッパー at 11:02 | Comment(0) | 日々の泡