2019年08月06日

【鳥キャスト紹介〈4〉】千田訓子


c_senda.JPG
[撮影:堀川高志]

千田訓子(せんだとしこ)

役名:チェーホフ/宮沢賢治/女/ミジャ



◎今回の役どころを教えてください


チェーホフと宮沢賢治、そして仲谷さん演じるチョムスンの娘(と言っても何年後かのおばさんなった姿ですが)を演じます。

全てに於いて共通している点は【外からの訪問者】です。
激動な時代の樺太に足を踏み入れる前と後の人々の心の変化を表現出来たらと思っております。



◎観どころはどこですか?


言葉に是非注目して頂きたいです。色んな言葉が出てきます。
ロシア語、ニブフ語ギリアーク語、韓国語。
日本語も標準語はもちろん、大阪弁や京都弁、そしてなんとアタクシは花巻弁を話します。

あとは幕間の独白部分の演出の美しさ。
初めて稽古場で観たとき鳥肌が立ちました。必見です。



◎初めてのニットいかがですか?


皆さんとてもドライにそれでいて劇に対しては熱く取り組まれております。
稽古中のなんとも言えない緊張感が好きです。

作品一つ一つに対して真摯に向き合い、キチンと意見を交換し合う。
ユニットやフリーが多いこの時代、貴重な劇団だなと思いました。
そんな劇団の節目の公演にお声かけて頂いて感無量でございます。


◆Twitter 千田訓子(焼酎亭八海山)@koshitodanse
◆チケット(千田窓口)→ 予約フォーム

****************
ニットキャップシアター第39回公演
『チェーホフも鳥の名前』
KCT_チェーホフも鳥の名前_表面.jpg
2019年8月31日(土)〜9月2日(月)@アイホール
8月31日(土)13:00/18:00
9月1日(日)13:00/18:00
9月2日(月)14:00

公演サイト:http://knitcap.jp/bird/
チケット(劇団窓口):予約フォーム

posted by ニットキャッパー at 12:19 | Comment(0) | チェーホフ鳥