2020年12月25日

[カレー村キャスト紹介](9)高原綾子

このページでは『カレーと村民』のキャスト紹介をしています。
小腹がすいたお供にご覧ください。

◆俳優や役柄の簡単な解説
◆俳優への3つの質問
 @役どころ
 A気になるシーン
 B好きなカレー/お薦めのカレー



高原綾子[ ネ ]

ニットキャップシアターの高原綾子。今回は10代チームでないと思われたがそうではなかった。最近、ほんものの10代の輝きを目の当たりにして、すでに失ったものの大きさを感じ、ニセモノ10代の意義を見出したいところ。まずは健康と美容を心がけよう。

高原演じるネは、恐らく貧しい家の出だ。今の時代も、性別間の権利問題や貧困家庭の問題はある。この当時は、そこにさらに身分の違いという問題があった。家の出自でそのまま将来が決まってしまうそんな時代だ。そう思うと現在は進歩している、かもしれない。

20201124-20201124-_DSC0027.jpg20201124-20201124-_DSC0008.jpg
photo=脇田友(@wakita_tomo)


@役どころ
ネは、私にはない野性味と無垢さを持った人物。
無知ゆえ翻弄されやすい危うさと、堂々たる生命力の強さがある。
先日、舞台上にはいないけど屋敷にいるだろう時間を計ってみた。
6分、2分、4分、6分、11分…
今どこにおるか、何をしてるか考えてみる。実は、この13人の中で一番動線が定まらず複雑なのだ。舞台の設定する前日に浜家へ来たらしい。なるほど。
通し稽古は毎回出とちりしそうで、全く落ちつけない。


A気になるシーン

気になるというか、早く舞台美術がついた土間に立ちたい。土間の存在感がよい。
誰もいないとき、静かなとき、賑やかなとき、この空間が芝居と調和する瞬間がたまらない。本物の土間でない臨時の舞台美術とはいえ、舞台空間の土間は稽古よりずっと濃くなると思う。それを画面で届けるのは難しいけれど、舞台の空気が変わるのを体で感じられるのはゾクゾクする。


Bおすすめカレー

今年少し働いていたタイ料理カフェ「AOW」のタイカレー。
四か月働いていて、週二回食べても飽きず身体が喜ぶ美味しさ。野菜もたっぷり入っている上、厚揚げが入っているところがポイント。しかも安い!+350円で激ウマの唐揚げもつけられる。私はちょい辛くらいが好みです。週替わりでスパイスのベースが変わります。

20201220_211040.jpg
写真は「煮込む」の意味がある濃厚辛めのパネンカレー。
お腹減ってきた〜。


Prev≪越賀はなこ[オマサ]|here|Next≫山下多恵子[お留]

◆キャスト略歴⇒ コチラ
◆登場人物紹介⇒ こちら


ニットキャップシアター 40th『カレーと村民』
ニットキャップシアター|カレーと村民.jpg
【東京公演】2021.5.7(Fri)-17(Mon)
 @こまばアゴラ劇場

 チケット発売中!⇒ 予約フォーム

【京都公演】(終了)
2021.3.9(Tue)-11(Thu)
 @THEATRE E9 KYOTO

posted by ニットキャッパー at 19:45 | Comment(1) | カレー村