2017年04月16日

イレブン日記〈15〉:幾頭

IMAG2348.jpg
こんばんわ、高原です。
今夜も遅れイレブン。

今宵は更待月か。
私の家は東にあるので、稽古終わりや夜に帰ろうとすると必然的に東向きになって、月の出と共に家路につくことになる。その時間がたまらんく愛しい。なんやろあの月のパワーは。疲れをポッと照らしてくれるねんなー。ほんで早朝家を出る時は煌々と明るくて、がんばろ!と思わしてくれる。
お陽さんよりお月さんが、ええなー。


先日密かに次回公演の概要を発表しました。
今回はドリンク付き、他のパフォーマンスも楽しめるステージです。

海外みたくドリンク片手に芝居を見れる劇場に、
地点さんの持ち劇場「アンダースロー」みたいな優しいウェルカム感に、
集まった人たちが観終わって和らげる『Oh!Radio』みたいな空間に憧れ、
いろんな人を巻き込んで、太秦ニットまつりなるものを作りたいと思いました。

わざわざ太秦にやってきて、ニットのお芝居だけというのもなんか、さ。
せっかくアットホームな劇場だし、いろいろやらせてもらえそうだったので頭グルグル巡らせていたら、毎度のニット公演を象徴するように、今回もいつもと違う公演になってしまいました。脳みそがいくつあっても足りまへん。

ニットがやると寄合みたいな感じになってしまうけど、そんな知られざる太秦の地にいろんな人が集ってくれることになりました。どのパフォーマーも、私の尊敬するパフォーマーです。あー楽しみやなー。

あれもこれも欲張りでテンパってますが、いよいよ今週の21日(金)にチケットが発売になります。ブヒャッホ―!!

=====
〈本日のおかげ豆知識2〉
『男亡者の泣きぬるところ』は2004年初演を経て、2005年カフェ版、福岡公演、2007年神戸・滋賀・上海公演を飛びまわった最多上演作品。10年の熟成を経て、2017年に蔵出し再演。どんな味がするのやら。

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
posted by ニットキャッパー at 23:03 | Comment(0) | 日々の泡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: