2017年06月13日

ごまインタビュー〈2〉

今回『太秦おかげサマー』は久しぶりにおこなう劇団員のみの本公演。
『男亡者の泣きぬるところ』と『女亡者の泣きぬるところ』、それぞれ男と女の二人芝居として上演します。どんな作品なのか、どんな作品になりそうか、劇団の座長であり劇作と演出のごまのはえに聞いてみました。
その第2弾です。


――ごまさんの台本には食べ物がよくでてきますよね。過去に焼きサンマと大根おろしが出てきて、舞台上で大根おろしを披露して舞台上がびちゃびちゃになった公演もありました。今回2作品ともに餃子が出てきますが、なぜ餃子なのか理由はありますか?

ごま:食べ物がでてくる作品は好きです。国語の教科書に吉行淳之介の『ピーナッツ』という作品が載っててね。それがやたら面白かった。男二人がピーナッツを食べるだけのお話なんだけど、食べるという行為が、男二人の心理描写になってて、おかしくて、悲しいお話でした。「男亡者」に食べ物がでてくるのもその影響があるかもしれない。
餃子を選んだのは無自覚。今思うとお弁当に餃子ってちょっと変やね。「女亡者」に登場する餃子は、登場する理由がわかる。これは自覚的。餃子つくるときって電話にでれないじゃん。それが理由かな。


――新作『女亡者の泣きぬるところ』を書こうと思った出来事やきっかけってありますか?

ごま3編.jpg

ごま:書こうと思った理由か……。
伊丹アイホールで想流私塾っていう劇作家の塾があって、北村想さんが塾長なんやけど、そこの師範代を一年務めたんです。一年間想さんの作劇論を横で聞いていたのですが、僕とまったく違う。でもすごく魅力的で。このやり方で台本を書いてみようかなぁと思ったんですね。実は前にも「女亡者」というタイトルの台本には挑んだことがあって、でも上手く書けなくてお蔵入りしてたんです。それでまぁ、リベンジの気持ちもあって、挑戦しました。


――最後に、今回の作品は「生きてる人間の生きてくためのお話」とコメントされていますが、どんな人にみてもらいたいですか? 『男亡者の泣きぬるところ』の初演時のコメントには「ぜひ、女の人にみてもらいたいです」(注1)とありましたが。

ごま:誰に見てほしいというのは無いですね。誰に見られても大丈夫な作品にしたいけど。大丈夫というのは無難という意味ではなくて、どんな人にでも何かしらの棘がささる作品にしたいと思ってます。


――ありがとうございました。どんな作品になるのか、ぜひ太秦の舞台でご覧いただきたいと思います。


(注1)『男亡者の泣きぬるところ』初演時のごまのはえコメント
「男」がかかえている不安感。
これは何だろうと思ってこの台本を書きだしました。
書いているうちに思ったのですが、「男」を深刻に考えるほど笑いごとになっていくのはどうしたわけでしょう。
「笑い」に徹することが「男」の不安を描くことだと今では確信しています。
ぜひ、女の人にみてもらいたいです。



〈1〉へ戻る ≫



■□ ニットキャップシアター #38
■□『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年 6月29日(木)〜7月9日(日)
@シアターウル(京都 太秦)
★特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
★チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 12:06 | Comment(0) | 太秦おかげサマー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: