2017年05月26日

おがげサマーパフォーマー紹介(6)Plants of Circus!【音楽】


こんにちは、高原です。
もう五月の終わりが目前!ゲスト紹介もいよいよ後半戦。

このコーナーは「ゲストがどんな方かわからない!」と
お困りの皆さんへの特設コーナーです。

今日はこの方!


7月1日(土)14:00 出演

POC_prf-photo.jpg
Plants of Circus!(ぷらんつおぶさーかす)
ピアノとジャンベを奏でるデュオ「白鍵と黒鍵」と、クアトロギターとチャランゴを奏でるデュオ「リサとマルガリータ」。二つのデュオからなる民族楽器を使った4人編成の女性バンド。
2012年5月 企画イベント『Plants of Circus!』を開催。
2016年3月 よりユニット『Plants of Circus!』としてミュージックボタニカルサーカス始動。

コメント
夏草の匂い、祭りの気配。
息を潜めるグリーンな気持ちを踊らせよう!
舞台に種を、芝居に花を!
シアターウルの大地に
種を蒔いて Plants of Circus!
夏の女亡者が花ひらく!
水を撒きに来てください!
お待ちしておりまーす♪

=====

「Plants of Circus!」とは初共演ですが、「白鍵と黒鍵」は『WEDNESDAY NIGHT LIVE』のゲストミュージシャンとして出演してもらっていて、そこでピアノを担当している白旗さんとは、2007年版『男亡者の泣きぬるところ』で演者としてツアーを共にしました。神戸も滋賀も上海も私の相方として共にしたので、今回のゲストの中で一番『太秦おかげサマー』と近しい間柄ともいえます。
kobe-a01.jpg

『男亡者の泣きぬるところ』は楽器演奏とお芝居を組み合わせた、今のニットの作風の先駆けとなる作品だったので、ピアニストの白旗さんはとても頼もしい存在でした。今回は『女亡者の泣きぬるところ』で共演します。やはり相方は相方なんだなと嬉しく思います。枯れ切った「女亡者」たちに水やりは必須。

Plants of circus!の演奏は見たことないけど、
ドリンクに例えるなら「モヒート」。しかもミント入れすぎのやつ。
爽やかで昼間にもピッタリなんだけど、ミントの主張がワイワイとかしましい。
たぶんそんな爽やかな演奏と賑やかなトークをお見舞いしてくれるはず!

気楽な感じで「枯れた女の芝居」を見れる、余裕のあるそこのあなた!
「私たち」をぜひヒタヒタに潤わせてください。お待ちしてまーす!!

=====
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 11:35 | Comment(0) | 太秦おかげサマー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: