2017年06月11日

おがげサマーパフォーマー紹介(9)二口大学 【俳優】

こんにちは。高原です。
今日は曇り空。梅雨入りの合間の貴重なお天気。

さて、パフォーマーの紹介順を間違えてアップしてしまったのですが、
タイトルをうまく変えられないので、前回(10)、今回(9)としてアップします。
すいませんー。

今日のパフォーマーはこの方!


7月5日(水)19:30 出演

Futakuchi_prf-photo.JPG
二口大学(ふたくちだいがく)
1968年生まれ、京都市在住。同志社大学第三劇場から俳優活動を開始。現在演出家山口浩章、俳優広田ゆうみとともに”このしたやみ”を組み、国内外の近現代戯曲の公演を国内のみならず春川(韓国)、サンクトペテルブルク(ロシア)等でも行う。京都役者落語会メンバー。第10回関西現代演劇俳優賞受賞。

コメント:愛のテールの初演はいつのことだったか。お久しぶりです。よろしくお願いいたします!

=====
二口さんは「愛のテール」初演で主人公の父親役として出演していただきました。
あれは2003年。もう14年も前の話。14年ぶりの共演です。
私が二口さんと出会ったのはニットに入る前、「芝居工房」というアトリエ劇研の企画でした。二口さんから舞台に立つ一歩を教えてもらったので、私にとっては師匠的な人です。京都の演劇界でその実力と俳優へのストイックさは有名ですが、同じくらい酔っ払い伝説も有名です。こんなこと言ったら「やかましいわぃ!」と言われそうですが、私を「りょうこちゃん」と呼んでくれる素敵な方です。

今回二口さんに披露していただく演目は落語です。
何度も拝見していますが、その姿は汗と涙と役者人生がほとばしる一席で、観ているほうも拳をギュっと掴んで見入ってしまいます。スゲーかっこいいので知らない人こそ観てほしいです。
「女亡者」との組み合わせということで、かつての師弟がある意味競演します。
個人的に思い入れの強いステージです。震えます。

二口さんを飲み物に例えると、辛口の「冷や酒」。
おちょこでキュッと一口。体の芯から火照ってポッとします。
夏にカレーを食べるように、夏に熱いステージを求める方にピッタリです。


この前週、ロシア公演をされるそうです。
もはや日本を飛び越えての公演。スケールが違いますね。

*****
このしたやみ ロシアツアー公演
『日本の夫婦 ロシアの夫婦』
「紙風船」「熊」二本立て

作:岸田國士 アントン・チェーホフ
演出:山口浩章
出演:広田ゆうみ 二口大学

【ハバロフスク公演】
 日時:2017年6月24日(土)・25日(日)
【ブラガヴェシェンスク公演】
 日時:2017年6月27日(火)・28日(水)

≪パフォーマー一覧≫

■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 11:48 | Comment(0) | 太秦おかげサマー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: