2017年06月26日

おがげサマーパフォーマー紹介(11)はなもとゆか×マツキモエ 【ダンス】

こんばんわ。高原です。

再放送迫る中、ようやく最後のパフォーマー紹介です。
最後はこの方!


7月4日(火)19:30 出演

hanamastu_prf-photo.jpg
はなもとゆか×マツキモエ
京都造形芸術大学舞台芸術学科5期卒業の花本ゆかと松木萌。卒業公演にて瓜生山賞を受賞し、2008年ダンスデュオプロジェクト【はなもとゆか×マツキモエ】を結成。
2009年コンドルズ振付コンペディション3位賞。2011年大阪芸術創造館CONNECTvol.4にて【YES OR NO】を上演、最優秀賞を受賞し、芸創セレクションに選出された。2013年横浜赤レンガ倉庫にてダンスコレクションEX出場。京都アトリエ劇研、創造サポートカンパニーに選出され、2015年【OKay?】2016年には【WORM HOLEワームホール】を発表。
また、2011年に動画投稿サイトに公開した動画再生回数が現在9万回を突破するなど活動は国内外で注目されている。



彼女たちに言葉などいらない。
だってダンスが、踊り狂う身体があるから。きっとそういうことだと思います。

一般の方には馴染みがないかもしれないけれど、コンテンポラリーダンスというダンスのジャンルがあります。技を打ち出してキメてくるような種類のダンスではなく、日常的かつマニアックに鍛え抜いた身体でもって身体の芯から震わせてくるダンスです。

で、この「はなマツ」さんのパフォーマンス。
実は私、彼女たちのパフォーマンスを見たことないのですが、今回パフォーマンスしていただく演目を見た仲谷によると、西野カナさんの曲で全身全霊かけて踊りまくり、客席は笑いでワナワナ震えていたそうです。
たぶん、ものすごく雑な表現だけれど「コンテンポラリーダンスコメディ」なんじゃないかと。うちのナイーブな男俳優に切りかかる、エッジの利いた身体が笑う時間にしてくれると思います。

そんな彼女たちをドリンクに例えると、
POPな彩りのツートンカラーでお馴染みのカシスオレンジ。
色が交じっているトーンの毒々しさ、でも飲みやすい定番カクテルって感じ。

とにかく、「コンテンポラリーダンス」ってなんやねん!という方に観ていただきたいステージ。
あと、お笑いが好きな方にもおススメ。笑うって漫才だけちゃうし。
男コメディと女ダンスコメディの好相性をどうぞお楽しみに!!

≪パフォーマー一覧≫

■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
image01.jpg
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 22:08 | Comment(0) | 太秦おかげサマー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: