2018年02月20日

新人「池川タカキヨ」紹介

こんばんは、高原です。

今日はニットキャップ新人「池川タカキヨ紹介」をします。
2018年が始まって1ヶ月半、紹介のタイミングがすっかり遅くなったけど、今年からニットキャッパーになった池川タカキヨこと、池ちゃんのインタビューです。

ニットな池ちゃんもどうぞよろしくでーす!


池川タカキヨ 〜ニットキャップ経歴〜

20180220_214556.jpg

2012年『さらば箱舟』にてニット初出演。
2014年『WEDNESDAY NIGHT LIVE』にてゲストミュージシャン兼コントキャストとして出演。
以降、ニットキャップシアター作品すべてに出演する。
シンガーソングライターの経歴を活かし、2015年『こんなにもお茶が美味い』では出演のみならず、劇中のメインテーマ曲の作詞作曲も手掛けた。
ニット音楽部、リズムの門脇に続く、メロディの池川としても期待されている。




高原:これまでたくさんのニット作品に出演してもらっているので「ようこそニットキャップシアターへ!」という気持ちもありつつ、すでに前からにいたように馴染んでますね。このタイミングになりましたが、改めて入団する前の印象と入団してみた感触はどんな感じですか?


池川:正式に付き合いだした、みたいな印象です……
どっちかっていうと、自分の劇団に対する向き合い方が変わった気がしてます。


高原:お付き合いか、それじゃもっとうきうきキュンキュンしないとあかんね。でも、私も含め、皆新人の扱いを受けてない気がするなー(笑)。付き合い始めの淡い時間は期待できないかもよ。
さて、ニット作品初出演の『さらば箱舟』を経て、2014年の『WEDNESDAY NIGHT LIVE』以降すべてのニット作品に出演してます。このタイミングで入団しようと思ったのは何でだったの?


池川:実はずっと(入団)したがってた、っていう。ただ自分から言う機会を見計らってるうちに三年くらい過ぎてた。自分から言うのおこがましいし。そしたら案外すんなりと受け入れられて。12月くらいに話しだして、翌月入団してたっていう。ためらってた自分に対して「なんなんだ」と思いました。ただ、やっぱり必要な三年だったとは思うんです。それを言うための三年やったなって、今では思ってます。


高原:なるほど。『WEDNESDAY NIGHT LIVE』でニットと池ちゃんの相性がハマり、入団最初の公演もまたコント作品でスタートしますね。昨日『That's enough!!』の稽古が始まりましたが、どんな作品になりそうだと思いました?


池川:いいものになると思います。「もうええわ」どころか「おかわり」って言いたくなると思う。いや、「おかわり」はさすがに言わんやろうけど。ぜんぜんセクハラみたいな押しつけがましい下ネタじゃないから案外見やすいと思いますけどね。


高原:確かに、押し付けるというか寄り添う下ネタかも。ちょっと気持ち悪いかな(笑)。
最後にニットキャッパー池川としての展望を聞かせてください。


20180220_214922.jpg

池川:大学時代の演劇部の先輩から「五年先を見ろ」って言われて、それは手帳に書き留めてあるくらい、大事に持ってます。ニットの良さって、お茶漬けの味くらい説明しにくくって、でもだから良いんだっていうことを、これからの活動で示していけたらいいんじゃないかって思ってます。少なくとも五年は続けます。クビにならない限り。


高原:ありがとうございました。メンバー一丸となってええもん作りましょう。


=====
Knit Cap Theater presents
『That's enough!!』
webflyer.jpg
2018.3/28(wed)-29(thr)@UrBANGUILD
28(wed) 19:30/21:30
29(thr) 19:30/21:30
WEBサイト:http://knitcap.jp/thatsenough/
Ticket:チケット予約フォーム


posted by ニットキャッパー at 15:17 | Comment(0) | おしらせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: