2019年08月04日

【鳥キャスト紹介〈2〉】仲谷 萌


キャスト紹介_仲谷.jpg
[撮影:Ohagi]

仲谷 萌(なかたにもえ)

役名:ソフィア/キム・チャングム/イ・チョムスン



◎今回の役どころを教えてください


3人の役を演じます。

一人目は、殺人の罪でサハリンに流刑されたロシア人の女性。囚人役です。
二人目は、仕事を求め樺太へ渡ってきた朝鮮人夫婦の妻役。
赤ちゃんを抱いてやってきます。
そして三人目が、成長した先ほどの赤ちゃん。結婚をして、彼女にも一人娘ができました。

結婚や妊娠などのシチュエーションがあり、今回は女性を強く意識する役どころだと感じています。「逃げる」ことと「受け入れる」こと、相反するこの2つの言葉が彼女たちの中に同居している気がします。



◎観どころはどこですか?


いつもニットでは小道具も担当しています。

今回はサハリン島。
海にかこまれた島が舞台なので、そこに〈流れついた漂着物〉をイメージの発端にして、小道具のプランを膨らませています。
舞台美術さんや衣装さんと相談しながら、ニットなりのサハリン島を表現できたらいいなぁと思っています。



◎あなたにとってサハリンとは?


ぼんやりと霧の向こうに見える景色。サハリンのことを何も知らなかった私は、この作品を通してほんの少しずつ霧をはらそうとしています。

高原さんにすすめてもらい、初めに読んだ後藤悠樹さんの本には、様々な事情で日本には帰らずに今もサハリンで生活しつづける人たちの姿がありました。

記憶をたどりぽつりぽつりと話す人。
なにも言わず静かにたたずむ人。
そのまなざし。

オホーツク海に浮かぶこの島の時間が、私の中にゆっくりと流れ込んでくるような感覚になりました。どこに住んでようと、人は誰かを思いながら生きている。
過ぎていく時間のなかで変わっていくものを見つめて、変えられないものを抱えて、小さな自分の生活をいとなんでいく。遠いサハリンに思いをはせたら、自分自身の過去や未來にも繋がっていきました。


◆Twitter 仲谷萌 @Moe44n
◆チケット(仲谷窓口)→ 予約フォーム

****************
ニットキャップシアター第39回公演
『チェーホフも鳥の名前』
KCT_チェーホフも鳥の名前_表面.jpg
2019年8月31日(土)〜9月2日(月)@アイホール
8月31日(土)13:00/18:00
9月1日(日)13:00/18:00
9月2日(月)14:00

公演サイト:http://knitcap.jp/bird/
チケット(劇団窓口):予約フォーム


posted by ニットキャッパー at 17:35 | Comment(0) | チェーホフ鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: