2020年12月19日

[カレー村キャスト紹介](3)仲谷萌

このページでは『カレーと村民』のキャスト紹介をしています。
小腹がすいたお供にご覧ください。

◆俳優や役柄の簡単な解説
◆俳優への3つの質問
 @役どころ
 A気になるシーン
 B好きなカレー/お薦めのカレー



仲谷萌[ お茂 ]


公演ごとに小道具力を発揮する、ニットキャップシアターの仲谷萌。
今回の小道具もすごい。近づいて触ると、さらにそのすごみが体感できる。とにかく質感のこだわりと物づくりに対する愛情が半端ない。

仲谷さん演じるお茂は、京都から嫁いで「浜家」にやってきました。劇中では、京都のおいなりさん、大阪から見た京都感が楽しめます。この舞台となる「浜家」は、吹田の歴史文化施設「浜屋敷」として訪れることができます。

20201124-20201124-_DSC0039.jpg20201124-20201124-_DSC0068.jpg
photo=脇田友(@wakita_tomo)


@役どころ

お茂は浜家のごりょんさん(御寮人さん)です。
子育てやお姑さん(まん)のお世話、村の人々とのやり取りなど慣れないことばかりで毎日大変だと思います。戸惑いがあっても、なんでも受け入れていくおおらかな人で、私はすごいなぁと思っています。


A気になるシーン

おはなさん(亀井さん)の、大助さん(西村さん)に対するしぐさが好きです。
亀井さん自身が、稽古中にセリフ出てこなくなった時とかに、どうしようってなって、つい西村さんをちょっとたたいちゃうのんとか大好きです。

Bおすすめのカレー

高原さんと池ちゃんと食べに行った元田中にある『やぐ羅』というカレー屋さんがオススメです。高原さんは辛すぎて「顔がしびれる」と言っていました。元々は昭和10年創業の食堂だったそうで、お店に入ると時が止まったような不思議な感覚におそわれます。

やぐらカレー.jpg
※高原が食べたカレー


Prev≪ 亀井妙子[おはな]|hereNext≫ 益田萠[おつな]
≫夫 太郎

◆キャスト略歴⇒ コチラ
◆登場人物紹介⇒ こちら


ニットキャップシアター 40th『カレーと村民』
ニットキャップシアター|カレーと村民.jpg
【東京公演】2021.5.7(Fri)-17(Mon)
 @こまばアゴラ劇場

 チケット発売中!⇒ 予約フォーム

【京都公演】(終了)
2021.3.9(Tue)-11(Thu)
 @THEATRE E9 KYOTO

posted by ニットキャッパー at 19:04 | Comment(0) | カレー村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: