2017年05月18日

モエのスイスイ日記〈13〉

DSC_0323.jpg
みなさんこんばんは、水曜日の仲谷です。しばらくほったらかしました。久しぶりに書きます。

※今日は木曜日ですが、昨日の夜中に書いたブログを今投稿します。

昨日から男亡者の稽古が本格的にスタートし、劇団員全員が太秦おかげサマーに向けて走り出しました。今日は澤村さんと二人でシアターウル周辺の観光スポットをまわり、みなさんにご紹介すべく写真撮影をしてきました。芸能の神様がいる車折神社で公演の成功もお祈りして来ました。

劇団員は、ただ俳優として舞台に立つだけでなく、一つの公演をするために何ヵ月も前から様々な準備を重ねます。たくさんの方に作品を見に来てもらいたいからです。現在、ニットキャップシアターの劇団員は5人。一人一人が持つべき仕事は大きいです。向いてない仕事、やりたくない仕事もあります。それでも自分たちでやるしかありません。長く京都で活動しているニットキャップシアターは、私にとって憧れの存在です。劇団は日々変化していきます。劇団員が入れ替わり、時代も変わり、一人一人の生活環境や年齢も変わり、価値観も変わります。そのような変化の途中にあるニットが今できることは何か、私なりにいつも考えようとしています。忙しく走り回る先輩たちの姿を身近に感じながら、私にできることを探しています。

それで、自分のことや先輩のことをおもいながら黒田三郎さんの詩集を読んでたら、一つすごく印象に残った詩があったので、ちゃんと意味はわかってないけど、書きたいので書かせてください。


《 出発 》

どこか遠くの方から見ていたい
感動している自分を
感動して我を忘れてとんでゆく自分を
どこか遠くの方から見ていたい

身を切らしてしまってはいけない
よそ見をしてはいけない
心ひそかにそう念じながら
どこか遠くの方から見ていたい

あおいじつにあおい
その遠くの空の彼方へ
今はそれだけが私の仕事だ
荒々しく私は私を投げつける
紋白蝶のようにかるがると行ってしまうようにと
眼をとじながら私は私を投げつける
足元に落ちて高雅な陶器のように砕けないようにと
posted by ニットキャッパー at 12:18 | Comment(0) | 日々の泡

2017年05月05日

イレブン日記〈17〉:端午

カープルーム.jpg

こんにちは、午前のイレブンタイム、高原です。

GWも後半、子どもの日。
子どもの日ってだけで、何かもらえるんじゃないかとウキウキします。

先日、4月30日に子どもたちと遊びまくりました。
「どうやって人を巻き込むことができるか」を試すべく、萌ピーと立ち上げた“あたまランド”というユニットで岡崎ワンダーマーケットというイベントに出演しました。
子どもはほんとにくだらないことが好きやなーと思いました。
花瓶あたまに仕込んだピンポン玉がこぼれるだけで大笑い。
「謝ってー謝って−」とピンポン玉をこぼすようせがまれました。

子どもは見たことないものに対して、実に様々な反応をしてくれます。
嫌がるのはもちろん、イケる!と思ったらいじめにかかったり、追い掛け回したり、手加減なし過ぎてえげつないです。大人の方が優しくてYESかNOのどちらかなのでラクチンです。でも、抱きつきに来てくれたりする子もいて、その可愛さと感度の豊かさに感動しました。
この日出会った子どもたちが、大きくのびのび育ってくれたらいいなー。

妹と父親はマツダスタジアムで広島カープの観戦をしてるらしく、そこで泊まっている部屋の写真が送られてきました。せっかくなので鯉つながりということで。

=====
〈本日のおかげ豆知識4〉
『男亡者の泣きぬるところ』は20代後半の男の悩み、『女亡者の泣きぬるところ』は30代前半の女の悩み。
この年齢層には、間違いなく刺さるお芝居になっています。
========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
posted by ニットキャッパー at 11:02 | Comment(0) | 日々の泡

2017年04月23日

イレブン日記〈16〉:頭地

こんちは、高原です。
今日はお昼のイレブンタイム。

21日に『太秦おかげサマー』のチケットがめでたく発売となりました。
パフォーマーも揃って発表になりました。

でも、あれ?!

本番前日の萌ピーに緊急連絡。

私「声、かからなかった…」
萌ピー「え?なんでですか?なんでですか??」

密かに「女亡者」の稽古時間割いて、アーティスト写真、アー写?こさえて、ユニット名考えて、
なんかやらなあかん時の出動に備えは万全だったのに…

あれ?!でも、尊敬し、かつその対抗馬を目指していた「ユニット美人」の二人は出演の名を連ねている!?

クソ―!!

というわけで、
私、高原、仲谷萌ピーとユニットを組んでいたことをお知らせします。

“あたまランド”
1.jpg
白いかぶり物を変化にかぶり直し、
子どもたちのヒーローとして、大人たちの厄介者として、
自由自在ってなんだ?という謎に立ち向かうためのユニット。


そして、今月最終日、4月30日(日)。
「あたまランド」でイベントに出没します!
なんと!野外デビュー!!ヒュー!!

2017 Owm.png
『岡崎ワンダーマーケット』
2017年4月30日(日)10:00〜16:00
開催地:京都岡崎公園内
出没時間:13:00〜16:00頃
京都市左京区を中心とした飲食店、雑貨店などが集結するマーケットイベント

ほぼ、賑やかしと冷やかしの自分たちよがりなパフォーマンスをします。
人知れず、ごく自然に違和感を放って日常で遊ぶ「Play Possible」。
平安神宮を背に動き回ります。発見できたらお慰み。
『Oh!Radio』では雫頭でしたが、次はどんな新頭で登場するやら!

お時間ある方は、美味しいもん食べに、素敵な雑貨を見つけに、あたまランドも見つけに、ふらりと岡崎公園まで遊びにいらしゃ〜い!!

=====
〈本日のおかげ豆知識3〉
実は『男亡者の泣きぬるところ』と同時期に『女亡者の泣きぬるところ』の台本はあった。けど上演されなかった。今回、タイトルだけ残ってそのときから全て書き直された最新作である。
========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
posted by ニットキャッパー at 11:41 | Comment(0) | 日々の泡