2017年05月09日

作・演出 ごまのはえコメント

こんにちは、高原です。
GWも終わり、初夏に入ろうかというところ。
いよいよ夏が迫っています。夏の始まりといえば『太秦おかげサマー』の始まりでもあります。

先月21日に公演のWEBページですでに公開されていますが、これからどう生きていこうかとても悩ましい時代に突入するにあたって、ごまのはえのコメントがとても素直な言葉だと思ったので、改めて紹介しようと思います。


======

早いものでニットキャップシアターも今年で18周年を迎えました。

今回上演する『男亡者の泣きぬるところ』は、10年以上前の作品です。
私も20代。たいした覚悟もなく演劇を続けていくことが怖くてしかたない頃でした。
街でホームレスの人をみかけるたびに、未来の自分を見せつけられた気がして、なんとかしなくてはと焦っていたのを覚えています。『男亡者の泣きぬるところ』はコメディですが、底にあるのは焦りだと思います。
映画がお好きな方には、お洒落じゃないウディアレンといえばイメージしやすいかもしれません。

新作『女亡者の泣きぬるところ』は去年書きました。
女の二人芝居。自分の性格に足を引っぱられながらも、なんとか幸せになろうともがく女の二人芝居です。お芝居の冒頭が自殺から始まるので、明るい芝居ではないかもしれませんが、よく泣き、よく笑い、よく食べて、よく寝るお芝居です。まるで健康優良児ですね。

両作品ともタイトルに「亡者」という単語が出てきますが、生きてる人間の生きてくためのお話です。


作・演出ごまのはえ

======

image01.jpg
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 15:04 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年05月04日

おがげサマーパフォーマー紹介(2)小暮はな

こんにちわ。高原です。
皆さん、GW満喫していますか?
ゲストパフォーマー紹介第二回目。
「ゲストがどんな方かわからない!」とお困りの皆さんに向けた特設コーナーです。

今日はこの方!


6月29日(木)19:30 出演

Kogure_prf-photo.jpeg
小暮はな(こぐれはな)
コメント:以前、お芝居の中でうたを歌わせていただきました。またご一緒できるのがとても楽しみです!

========
実はニットキャップシアターと共演するのは二度目です。
一度目は、2002年12月、第11回公演『おっぱいブルース』@アトリエ劇研。
劇中歌を歌う少女として主演されていました。
門脇さんが入団したての、高原はまだ入団していなかったずっと昔のこと。
私はお客さんとして見ていて、ギターを抱えてまっすぐ遠くを見つめる視線と、空から降って地面に染みこんで川になって揺蕩うような歌声がその作品を包んでいたのを今でも覚えています。

あれから、15年。
またニットキャップの舞台で一緒になれるとは。
小暮さんの紡ぐ音楽は、3年間ポルトガルを拠点に音楽活動をされていたこともあって、異国情緒が漂う音楽世界がとても魅力的です。美しい歌声は以前に増して凛と澄んでいるし、つま弾くギターはハープみたいに柔らかく響く音で心が解けます。

ドリンクに例えるなら、ブランデー。
果実からこんなにコクのあるお酒になるのね!の驚きと同じく、ステージの色気と歌声に酔いしれること間違いなし。


5月7日(日)からNEW ALBUM『AZUL』のレコ発ライブツアーが始まるそうですよ。京都のライブもあるので、ライブ情報も要チェックです!

◆ライブ情報コチラ
◆公式WEBサイト → コチラ

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 12:09 | Comment(0) | 太秦おかげサマー

2017年04月24日

おがげサマーパフォーマー紹介(1)桂二葉

こんにちわ。高原です。
今日から始まります、ゲストパフォーマー紹介。
「ゲストがどんな方かわからない!」とお困りの皆さんに向けた特設コーナー。

第一回目はこの方!


7月6日(木)19:30 出演

katsura_prf-photo.jpeg
桂 二葉(かつらによう)
コメント:お芝居とご一緒するの初めてです。とってもたのしみです。

========
ニットのお客さんは演芸好きな方も多いと思います。
でも、どちらかというと落語が身近でない人にこそ二葉さんの噺を見てほしいです。

“天満天神繁昌亭 落語家名鑑”でのプロフィールを見ると、噺家だけの活動に留まらない多才な方のようです。「挟み込み」が得技というのは、制作者としてはとても好感が持てます。


二葉さんの噺を初めて観たとき、嫉妬で震えました。
自称子役俳優としては、演劇界に二葉さんがおらんくてよかったー!!って心底思います。

とにかくアホの子供の役がサイコーに面白い!気持いいくらいアホで、爽快!!
子どものハチャメチャ感そのままのパンクな奴ばっかり出てきます。
二葉さんの噺は、登場人物への愛情が溢れててウキウキしてきます。

ドリンクに例えるなら、夏のカルピス。
ご自身はお酒が大好きみたいです。

好みがわからなくて「どのステージがいいですか?」と聞かれたら、
老若男女がウキウキできるこのステージがおススメです!


【桂二葉さんの出演公演】
ふくふく亭 彩美寄席
日時:2017年4月29日(土祝) 14時
場所:ふくふく(北新地)
木戸銭:2000円(予約) 2500円(当日)

天満天神繁昌亭GW特別公演
日時:2017年5月3日(水)〜5日(金)
   ※5月5日(金)11時の回 出演
場所:天満天神繁昌亭

第5回かもがわ寄席
日時:6月2日(金) 19時
出演:桂二葉・桂小留
場所:かもがわカフェ
木戸銭:1500円+ワンオーダー

第16回米二一門会〜番外編 米二・二葉親子会〜
日時:6月25日(日) 14時
出演:桂米二・桂二乗・桂二葉
場所:京都府立文化芸術会館 三階和室
木戸銭:2000円(予約)

第5回 によによチャンネル
日時:7月12日(水) 19時
出演:桂二葉・笑福亭大智・ゲスト 桂二乗
場所:動楽亭
木戸銭:1500円(予約) 1700円(当日)

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ

posted by ニットキャッパー at 10:35 | Comment(0) | 太秦おかげサマー