2020年12月26日

[カレー村キャスト紹介](10)山下多恵子

このページでは『カレーと村民』のキャスト紹介をしています。
小腹がすいたお供にご覧ください。

◆俳優や役柄の簡単な解説
◆俳優への3つの質問
 @役どころ
 A気になるシーン
 B好きなカレー/お薦めのカレー



山下多恵子[ お留 ]


山下多恵子さんも越賀さんと同じく、第37回公演『ねむり姫』以来の共演です。役柄も相まって、とにかく声が気持ちよく通って、何や知らん元気になります。

吹田は、大阪から丹波へ向かう「亀岡街道」と、能勢方面へ結ぶ「吹田街道」、西国街道に続く「小野原街道」といった様々な街道があります。それらの街道は、吹田の神崎川や安威川といった淀川水運の渡し場が起点となっていたようです。(吹田歴史文化まちづくりセンター資料館参考)お留さんは、それらの水運で荷運びをしているので、現代で言うところのトラックドライバーという感じでしょうか。

20201124-20201124-_DSC0449.jpg20201124-20201124-_DSC0438.jpg
photo=脇田友(@wakita_tomo)


@役どころ

浜家に出入りする船乗りの「お留」を演じます。
吹田は、交通の要衝として、街道や川を利用した運送業も盛んだったそうですね。舞台となる浜家は、水運も扱っていたので、お留にとって、浜家は、親しいご近所さんであると同時に、主人筋にも当たる、といったところでしょうか。

明治の初め頃に生まれ、世の中が音を立てて変わるなか成人し、右往左往するのが当たり前だった、この時代の「庶民」を代表する人かな、と思っています。「お留」って名前からすると、子だくさんなお家の末っ子かも知れません。たぶん、ほったらかしでも生きていける逞しい人。でも、ほっといたら何をするか分からんところもある人。船乗りだった夫に先立たれ、女手ひとつで育てた息子を、今度は日露戦争で亡くしてしまった。息子は、その村で最初の戦死者だった…という母親の役です。


A気になるシーン

次郎が愛を囁くシーン。囁く…? 
台本を読んだときから楽しみで仕方がなかったこのシーン。この間初めて稽古場で見られました。衝撃!!
思ってたのと違ったけど、この感じは、洋行帰りの次郎に、村の人たちが感じたカルチャーショックに似ているのかな、と思いました。めっちゃ面白いですよ!ラブシーンなのに。…ラブシーンなのか?


Bおすすめカレー

DSC_2012.JPG

カレーライスもカレーうどんも好きですが、一番よく食べるのは「カレーパン」。
おススメは職場近くのパン屋さんGrandirのパン・ド・キャリー。カレーをパンで包もうとした時に、揚げパンを選んだ人は天才やと思う!カレーの辛みと衣からにじむ油の甘味が絶妙に絡んで、冷めても美味しい。
このお店の推しはベーグルのようですが、お昼に行くと、ついお総菜パンか菓子パンに手が伸びる。どのパンもとても美味しいですよ!!


Prev≪高原綾子[ネ]hereNext≫西村貴治[大助]

◆キャスト略歴⇒ コチラ
◆登場人物紹介⇒ こちら


ニットキャップシアター 40th『カレーと村民』
ニットキャップシアター|カレーと村民.jpg
【東京公演】2021.5.7(Fri)-17(Mon)
 @こまばアゴラ劇場

 チケット発売中!⇒ 予約フォーム

【京都公演】(終了)
2021.3.9(Tue)-11(Thu)
 @THEATRE E9 KYOTO

posted by ニットキャッパー at 23:07 | Comment(2) | カレー村

2020年12月25日

[カレー村キャスト紹介](9)高原綾子

このページでは『カレーと村民』のキャスト紹介をしています。
小腹がすいたお供にご覧ください。

◆俳優や役柄の簡単な解説
◆俳優への3つの質問
 @役どころ
 A気になるシーン
 B好きなカレー/お薦めのカレー



高原綾子[ ネ ]

ニットキャップシアターの高原綾子。今回は10代チームでないと思われたがそうではなかった。最近、ほんものの10代の輝きを目の当たりにして、すでに失ったものの大きさを感じ、ニセモノ10代の意義を見出したいところ。まずは健康と美容を心がけよう。

高原演じるネは、恐らく貧しい家の出だ。今の時代も、性別間の権利問題や貧困家庭の問題はある。この当時は、そこにさらに身分の違いという問題があった。家の出自でそのまま将来が決まってしまうそんな時代だ。そう思うと現在は進歩している、かもしれない。

20201124-20201124-_DSC0027.jpg20201124-20201124-_DSC0008.jpg
photo=脇田友(@wakita_tomo)


@役どころ
ネは、私にはない野性味と無垢さを持った人物。
無知ゆえ翻弄されやすい危うさと、堂々たる生命力の強さがある。
先日、舞台上にはいないけど屋敷にいるだろう時間を計ってみた。
6分、2分、4分、6分、11分…
今どこにおるか、何をしてるか考えてみる。実は、この13人の中で一番動線が定まらず複雑なのだ。舞台の設定する前日に浜家へ来たらしい。なるほど。
通し稽古は毎回出とちりしそうで、全く落ちつけない。


A気になるシーン

気になるというか、早く舞台美術がついた土間に立ちたい。土間の存在感がよい。
誰もいないとき、静かなとき、賑やかなとき、この空間が芝居と調和する瞬間がたまらない。本物の土間でない臨時の舞台美術とはいえ、舞台空間の土間は稽古よりずっと濃くなると思う。それを画面で届けるのは難しいけれど、舞台の空気が変わるのを体で感じられるのはゾクゾクする。


Bおすすめカレー

今年少し働いていたタイ料理カフェ「AOW」のタイカレー。
四か月働いていて、週二回食べても飽きず身体が喜ぶ美味しさ。野菜もたっぷり入っている上、厚揚げが入っているところがポイント。しかも安い!+350円で激ウマの唐揚げもつけられる。私はちょい辛くらいが好みです。週替わりでスパイスのベースが変わります。

20201220_211040.jpg
写真は「煮込む」の意味がある濃厚辛めのパネンカレー。
お腹減ってきた〜。


Prev≪越賀はなこ[オマサ]|here|Next≫山下多恵子[お留]

◆キャスト略歴⇒ コチラ
◆登場人物紹介⇒ こちら


ニットキャップシアター 40th『カレーと村民』
ニットキャップシアター|カレーと村民.jpg
【東京公演】2021.5.7(Fri)-17(Mon)
 @こまばアゴラ劇場

 チケット発売中!⇒ 予約フォーム

【京都公演】(終了)
2021.3.9(Tue)-11(Thu)
 @THEATRE E9 KYOTO

posted by ニットキャッパー at 19:45 | Comment(3) | カレー村

2020年12月24日

[カレー村キャスト紹介](8)越賀はなこ

このページでは『カレーと村民』のキャスト紹介をしています。
小腹がすいたお供にご覧ください。

◆俳優や役柄の簡単な解説
◆俳優への3つの質問
 @役どころ
 A気になるシーン
 B好きなカレー/お薦めのカレー



越賀はなこ[ オマサ ]


越賀さんは第37回公演『ねむり姫』以来の共演です。名古屋からの参加になります。今回は、京都・大阪・兵庫・愛知のキャストで構成されていて、この状況下での、集まることの難しさや稽古をするという当たり前が難しいことだと目の当たりにします。

さて、越賀さん演じるオマサは、このキャストでは一番年配の役になります。今ではあまり馴染みがない「奉公人」という雇用形態で浜家に住み込み、家業の手伝いを仕事にして共に暮らします。家族でも親戚でもない、全くの他人が家族の一員として暮らすことが当たり前だった時代。

20201124-20201124-_DSC0273.jpg20201124-20201124-_DSC0270.jpg
photo=脇田友(@wakita_tomo)


@役どころ

浜家の古い奉公人オマサは、先の日露戦争で孫を亡くし、一度は離れた浜家に再び勤めることになりました。時代は近代に向けてどんどん変わっていくのに、まるで江戸時代のまま。成長も進歩も近代化もすることなく生き続ける姿には、ある種のしたたかさやたくましさすら感じます。
年配の人たちが持つ、黙っていても醸し出される人生の重みやら歴史は、若輩者の私にはなかなか出せませんが、モデルになる理想的な「お年寄り」を求めて、京都の町やら商店街、お寺を日々徘徊しています。


A気になるシーン

次郎兄嫁お茂のやりとり。他人同士だからこその気遣いや、ずけずけ感・・・いろいろ想像させられて切なくなります。
いちばん好きなせりふは次郎の「だいたい政治とは・・・」(以下、本番のお楽しみ!)正論なのに、その正論が支持を得ないのは、この時代も今も変わらないですね。


B好きなカレー

人が作るカレーはみんな好きです。どろっとしたおうちのカレー、まかないの大鍋カレー、お店で食べる本格的スパイスカレーetc. でも今いちばん食べたいのは、旅先の駅のホームで食べるカレーうどんかな。

カレーうどん.jpg
【写真】地元の駅(名古屋駅)で入場券買って、ホームのお店でカレーきしめん食べました。せめてもの鉄旅きぶん・・・


Prev≪福山俊朗[太郎]|here|Next≫高原綾子[ネ]

◆キャスト略歴⇒ コチラ
◆登場人物紹介⇒ こちら


ニットキャップシアター 40th『カレーと村民』
ニットキャップシアター|カレーと村民.jpg
【東京公演】2021.5.7(Fri)-17(Mon)
 @こまばアゴラ劇場

 チケット発売中!⇒ 予約フォーム

【京都公演】(終了)
2021.3.9(Tue)-11(Thu)
 @THEATRE E9 KYOTO

posted by ニットキャッパー at 05:30 | Comment(0) | カレー村