2017年05月07日

門脇俊輔 出演 〜劇団しようよ『あゆみ』/『TATAMI』〜

こんばんわ、高原です。
GWエンドデー7日。
五連休、九連休という方もいはるのでしょうか。
私は遠出することなく京都でじっと張り付いてました。
今夜はゆっくりされている方も多いかもしれませんね。


さてお知らせです。

今週、門脇さんが出演する「劇団しようよ」さんの公演が始まります。
柴幸男(ままごと)さんの脚本、『あゆみ』と『TATAMI』が上演される二本立て公演。門脇さんは2作品とも出演のようです。
もう残席が限られているらしいでお急ぎを。

=======
あゆみ-TATAMI.png

〈 作 〉 柴 幸男 (ままごと)
〈 演出 〉 大原 渉平
〈 音楽 ・ 演奏 〉 吉見 拓哉

【 日時 】
2017年5月10(水)〜15日(月)
10日(水) 19:00 『あゆみ』
11日(木) 休演
12日(金) 14:00 『あゆみ』★/19:00 『TATAMI』★
13日(土) 14:00 『あゆみ』/19:00 『TATAMI』
14日(日) 14:00 『TATAMI』/19:00 『あゆみ』
15日(月) 11:00 『あゆみ』/16:00 『TATAMI』
★の回終演後、アフタートークを行います。
 ゲスト:柴幸男(ままごと)

【 会場 】
アトリエ劇研(京都市左京区下鴨塚本町1)

【 料金 】
前売
一般 2,300円 / 25歳以下 2,000円

予約(当日精算)・当日券
一般 2,800円 / 25歳以下 2,500円

高校生
一律 1,000円

セット券
『あゆみ』『TATAMI』通し券 4,000円
(前売のみ。劇団ウェブのみ取り扱い。)

公演詳細:https://www.gkd-444.com/next/
劇団しようよTwitter:@gkd_444
※残席状況はTwitterをご参考に。
posted by ニットキャッパー at 20:12 | Comment(0) | おしらせ

2017年05月05日

イレブン日記〈17〉:端午

カープルーム.jpg

こんにちは、午前のイレブンタイム、高原です。

GWも後半、子どもの日。
子どもの日ってだけで、何かもらえるんじゃないかとウキウキします。

先日、4月30日に子どもたちと遊びまくりました。
「どうやって人を巻き込むことができるか」を試すべく、萌ピーと立ち上げた“あたまランド”というユニットで岡崎ワンダーマーケットというイベントに出演しました。
子どもはほんとにくだらないことが好きやなーと思いました。
花瓶あたまに仕込んだピンポン玉がこぼれるだけで大笑い。
「謝ってー謝って−」とピンポン玉をこぼすようせがまれました。

子どもは見たことないものに対して、実に様々な反応をしてくれます。
嫌がるのはもちろん、イケる!と思ったらいじめにかかったり、追い掛け回したり、手加減なし過ぎてえげつないです。大人の方が優しくてYESかNOのどちらかなのでラクチンです。でも、抱きつきに来てくれたりする子もいて、その可愛さと感度の豊かさに感動しました。
この日出会った子どもたちが、大きくのびのび育ってくれたらいいなー。

妹と父親はマツダスタジアムで広島カープの観戦をしてるらしく、そこで泊まっている部屋の写真が送られてきました。せっかくなので鯉つながりということで。

=====
〈本日のおかげ豆知識4〉
『男亡者の泣きぬるところ』は20代後半の男の悩み、『女亡者の泣きぬるところ』は30代前半の女の悩み。
この年齢層には、間違いなく刺さるお芝居になっています。
========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
posted by ニットキャッパー at 11:02 | Comment(0) | 日々の泡

2017年05月04日

おがげサマーパフォーマー紹介(2)小暮はな

こんにちわ。高原です。
皆さん、GW満喫していますか?
ゲストパフォーマー紹介第二回目。
「ゲストがどんな方かわからない!」とお困りの皆さんに向けた特設コーナーです。

今日はこの方!


6月29日(木)19:30 出演

Kogure_prf-photo.jpeg
小暮はな(こぐれはな)
コメント:以前、お芝居の中でうたを歌わせていただきました。またご一緒できるのがとても楽しみです!

========
実はニットキャップシアターと共演するのは二度目です。
一度目は、2002年12月、第11回公演『おっぱいブルース』@アトリエ劇研。
劇中歌を歌う少女として主演されていました。
門脇さんが入団したての、高原はまだ入団していなかったずっと昔のこと。
私はお客さんとして見ていて、ギターを抱えてまっすぐ遠くを見つめる視線と、空から降って地面に染みこんで川になって揺蕩うような歌声がその作品を包んでいたのを今でも覚えています。

あれから、15年。
またニットキャップの舞台で一緒になれるとは。
小暮さんの紡ぐ音楽は、3年間ポルトガルを拠点に音楽活動をされていたこともあって、異国情緒が漂う音楽世界がとても魅力的です。美しい歌声は以前に増して凛と澄んでいるし、つま弾くギターはハープみたいに柔らかく響く音で心が解けます。

ドリンクに例えるなら、ブランデー。
果実からこんなにコクのあるお酒になるのね!の驚きと同じく、ステージの色気と歌声に酔いしれること間違いなし。


5月7日(日)からNEW ALBUM『AZUL』のレコ発ライブツアーが始まるそうですよ。京都のライブもあるので、ライブ情報も要チェックです!

◆ライブ情報コチラ
◆公式WEBサイト → コチラ

========
■ニットキャップシアター#38『太秦おかげサマー』
2017年6月29日(木)〜7月9日(日) @ シアターウル(京都 太秦)
特設サイト→ http://knitcap.jp/38th
『太秦おかげサマー』チケット予約→ コチラ
posted by ニットキャッパー at 12:09 | Comment(0) | 太秦おかげサマー