2018年03月21日

今週のニット模様(3/18〜24)

こんにちわ。高原です。
暖かくなって、花粉症の激しさに襲われています。
今日のお天気は雨ですが、花粉症に晴れも雨もないなーという鼻模様です。

さて、いろんなことが終わっていく安堵感もありますが、始まりでもあります。


■ Knit Cap Theater presents『That's enough!!』


『That's enough!!』の本番まであと一週間。
稽古は今週から毎日あります。創作現場はいよいよ佳境です。

現在、劇団Twitterでは「チラシ設置場所紹介」が終わり、出演者約15秒紹介、稽古場の様子などを随時発信しています。
18日から本番までのカウントダウンが始まり、これからコントのラインナップも紹介していきます。お楽しみに!

劇団Twitter → @knitcaptheater
特設サイト  → That's enough!!
チケット予約 → 予約フォーム 

また、先日 京都のカルチャーを発信するウェブマガジン「アンテナ」で、今回のコントを企画した澤村と仲谷のインタビューが掲載されています。普段あまり語らない二人の演劇や劇団に対する姿勢が丁寧に書かれています。こちらもチェックです。

180224-2.jpg
下ネタを、人間ドラマで見せる!?旗揚げ約20年のニットキャップシアターが送る最新コント公演『That's enough!!』について


■ 門脇俊輔 出演情報


shiyouyo.png

そして、門脇さんは19日に京都でのショーイングを終え、京都から遠く離れ北九州へ。
劇団しようよ『あゆみ』に客出演しています。

2015年の、しようよ版『あゆみ』初演から、昨年の夏の再演、そして今週の北九州公演。
北九州公演は、ニットキャップの公演『月がみていた話』でお世話になった 飛ぶ劇場 の泊篤志さんも出演されるそうです。
九州方面の方、ぜひ足をお運びくださいー。


劇団しようよ『あゆみ』北九州公演


【 日程 】2018年3月 24日(土) 11:00 / 16:00
  ※開場は開演の20分前
  ※上演時間は約80分です。

【 会場 】枝光本町商店街アイアンシアター

【チケット料金】
 ◆前売 …一般 2,300円 / 25歳以下 2,000円
 ◆予約(当日精算)・当日 …一般 2,800円 / 25歳以下 2,500円
  ※高校生(一律)1,000円
 
 ◆「予約」フォーム → https://ticket.corich.jp/apply/89388/


ひとまず以上、今週のニット模様でした。



Knit Cap Theater presents
『That's enough!!』
webflyer.jpg
2018.3/28(wed)-29(thr)@UrBANGUILD
※19:30/21:30 2stage
Ticket:¥2000+\600(drink)
URL:http://knitcap.jp/thatsenough

posted by ニットキャッパー at 15:46 | Comment(0) | おしらせ

2018年03月20日

LIFE is that's enough 〜人生はもうええわ〜 第三話

※この物語は Knit Cap Theater presents『That's enough!!』の特別連載です。もしも木屋町で終電を逃してしまったら…。夜の木屋町を楽しむために書かれたフィクションです。


第三話「小腹が空いたら」


〜前回のあらすじ〜
コメディアンは、終電を逃し落ち込んでいる女を励ますためにあるお店へ向かうことに……
≪ 第二話へ戻る


コメディアンがやってきたのは「たこ入道」という明石焼きのお店でした。

9.jpg


店主が目の前で焼いてくれる明石焼きは絶品。
しかも午前2時まで営業しているのです。

10.jpg


ホカホカの明石焼きを食べてすっかり元気になった女は、とつとつと今日あった出来事を語りはじめました。

11.jpg


話によると、女は高校時代の同級生の結婚式の帰りだったそうです。仲良しだった同級生が遠くに行ったような気がして、その悲しみを紛らわそうとつい式場でシャンパンを飲みすぎてしまったのでした。

なんだか女がかわいそうになってきたコメディアンは
「何か自分にもしてあげられることはないだろうか」
と考えました。

そうだ。僕にはギャグがあるじゃないか……!

女の話を聞き終わると
ちょうどお店がもうすぐ看板の時刻だったので、そこでコメディアンは勇気をふり絞って言いました。

「ちょっと見せたいものがあるんだ」

「見せたいもの?」

「うん。近くに公園があるからそこで」

「公園?」

さすがに女もコメディアンの親切心に困惑しました。
が、強く断ることもできずついていくことに・・・


≫ 次回、最終話


**** That's 店舗紹介!! ****

たこ入道
京都府京都市中京区木屋町通四条上ル下樵木町204

13.jpg

カウンターのみの明石焼きとおばんざいのお店。目の前で焼いてくれる明石焼きは本場顔負けのタコの大きさと生地の玉子感。出汁にはあらかじめ紅生姜がちりばめられていてアクセントに。出汁の中で明石焼きを崩して食べるのもまた良し。



Knit Cap Theater presents
『That's enough!!』

webflyer.jpg
2018.3/28(wed)-29(thr)@UrBANGUILD
※19:30/21:30 2stage
Ticket:¥2000+\600(drink)
URL:http://knitcap.jp/thatsenough

posted by ニットキャッパー at 20:30 | Comment(0) | That's enough!!

2018年03月15日

LIFE is that's enough 〜人生はもうええわ〜 第二話

※この物語は Knit Cap Theater presents『That's enough!!』の特別連載です。もしも木屋町で終電を逃してしまったら…、夜の木屋町を楽しむために書かれたフィクションです。


第二話「真夜中のコーヒー」


〜前回のあらすじ〜
夜道で酒に酔いつぶれた女を見つけたコメディアン。
酔い覚ましに喫茶店へ向かうことに……
《 第一話へ戻る


5.jpg

コメディアンは酔った女を引き連れて、
行きつけの喫茶店「ELEPHANT FACTORY COFFEE」へ入りました。

6.jpg

時刻はとっくに午後11時を過ぎ。この喫茶店は午前1時まで営業しているのです。


女を奥のテーブルへ座らせるとコメディアンはコーヒーを注文しました。

7.jpg

女は熱いコーヒーをブラックでグッと一息で飲み干しました。
するとさっきまで真っ青だった女の顔が少し良くなりました。

コメディアンが状況を説明すると、女はコメディアンに何度もお礼を言いました。

終電を逃して見るからに落ち込んでいる女を見ていると、
コメディアンの芸人魂に火がつきました。

この人を笑顔にしたい……!

そこでコメディアンは良いアイデアを思いつきました。

「これからおいしいものでも食べにいきませんか?」

「おいしいもの?」

「ええ。いいお店があるんです」


女は少し心配したけど、気さくなコメディアンを信頼してついていくことにしました。


≫三話へ続く


**** That's 店舗紹介!! ****

ELEPHANT FACTORY COFFEE
蛸薬師通木屋町東入ル備前島町309-4 HKビル

8.jpg

木屋町の隠れ家的喫茶店。店名は村上春樹『象工場のハッピーエンド』に由来。午後1時〜午前1時まで営業(定休日は木曜日)。休日の読書やちょっとした息抜きにも。



Knit Cap Theater presents
『That's enough!!』
webflyer.jpg
2018.3/28(wed)-29(thr)@UrBANGUILD
※19:30/21:30 2stage
Ticket:¥2000+\600(drink)
URL:http://knitcap.jp/thatsenough

posted by ニットキャッパー at 22:11 | Comment(0) | That's enough!!